おいしい玄米を食べたい(米農家による玄米情報サイト)

秋田県大潟村のお米農家「黒瀬農舎」が運営する玄米、発芽玄米に関する情報サイトです。

玄米と残留農薬の話

time 2017/10/06

玄米と残留農薬の話

白米と玄米はどっちが残留農薬が多い?

これまでの研究などによると、玄米に含まれるヌカ(白米にした場合は除去される)部分に農薬が残留しやすいと言われています。

玄米を白米に精米することで,農薬濃度は2分のlから10分のlに減少し,さらに,洗米および炊飯によって6分のlから8分のl以下に減少するというものであった。また,石井は玄米を白米とヌカに分けて残留農薬の分布を調べたところ,ヌカに70-90%含まれることを報告している。
奈良県産水稲(玄米)における残留農薬と農薬の使用条件(谷川元一・西村憲三/奈良県農業技術センター研究報告 (32), 27-32, 2001-03)

どんな栽培方法のお米なら安心?

以上のような研究データがありますが、基本的には玄米で食べる場合でも、安全基準を上回る農薬が残留しているコメは流通していないはずです。

但し、気になるようであれば、農薬を使用していない農薬不使用や有機JASの玄米を購入するのがいいと思います。

補足:農薬の種類・農薬散布時期と残留農薬の関係

なお、農薬散布時期との関係については、一般的には出穂期(収穫の50日前)までであればコメへの残留は少ないとされていますが、以下の通り一部の農薬については出穂前に使用した場合でも検出されているようです。(エトフェンプロックス:主な商品名「トレボン」)

水稲における農薬とその使用時期について,金澤は収穫30~50日前の散布が玄米中で最も高い残留を示す傾向があることを述べ,反対に,石井はBPMC,MEPおよびEDDPでは散布から収穫までの期間が短いほど高くなることを報告している。しかし,今回の調査ではどちらの傾向も明らかでなく,エトフェンプロックスを除く5農薬で,出穏期前の散布では検出されず,それ以降散布した場合に非常に多く検出されるという結果であった。
奈良県産水稲(玄米)における残留農薬と農薬の使用条件(谷川元一・西村憲三/奈良県農業技術センター研究報告 (32), 27-32, 2001-03)

従って、基準値以下であっても残留農薬が気になるようであれば、栽培全期間でエトフェンプロックス(主な商品名「トレボン」)を散布している米は避け、また他の農薬に関しても出穂期以降に農薬を散布した米は避けたほうがいいかもしれません。

ただ、一般的には、農薬の散布時期やエトフェンプロックスを使用していない、という点に限定して栽培状況を確認するのは難しいので、やはり農薬を使用していない農薬不使用や有機JASの玄米を購入することが望ましいと思います。

ご注意

繰り返しになりますが国内で流通している米は基本的に安全基準を下回っています。従って、市販の(一般栽培の)玄米を食べたからと言って身体に影響を及ぼすことはまずないと思います。
農薬を使用していない農薬不使用や有機JASの玄米を勧めるのは、あくまでも「基準値以下でも残留農薬が気になる場合は」と言うことですのでご理解下さい。

黒瀬農舎のお米について

黒瀬農舎では、(特)区分と(減)区分の2種類の栽培方法のお米を栽培しています。

黒瀬農舎の(特)区分のお米

(特)区分のお米は、一般的に「農薬・化学肥料不使用栽培」と呼ばれるお米です。(長いので「(特)区分」という呼称を使っています。)
従って、農薬は一切散布していないため、残留農薬の心配はありません。

黒瀬農舎の(減)区分のお米

(減)区分のお米は、除草剤を1回だけ使用しています。それ以外の殺虫剤や殺菌剤は使用していません。
また、その他の栽培管理方法については、(特)区分とまったく同じです。
なお、黒瀬農舎の(減)区分で使用している農薬は、エトフェンプロックスが含まれる農薬は使用しておりません(※エトフェンプロックスに限らず殺菌・殺虫剤は使用していません)。
また、唯一使用している除草剤も、田植え直後の6月上旬に散布していますし、定期的に行う残留農薬検査でも残留農薬は「なし」となっています。
従って、黒瀬農舎のお米であれば、(特)区分、(減)区分のいずれのお米に関しても、残留農薬の心配はありません。

黒瀬農舎オンラインショップへ

※黒瀬農舎の(特)区分、(減)区分は、黒瀬農舎独自の呼称です。従って、「(特)区分」が一般的な特別栽培米、「(減)区分」が一般的な減農薬栽培ではありませんのでご注意下さい。

down

コメントする




黒瀬農舎オンラインショップでは、秋田県大潟村で農薬・化学肥料に頼らないお米を作って全国にお届けしています。
玄米食や発芽玄米食におススメの農薬不使用「あきたこまち」玄米も販売しています。
ご注文から2~3日でお届けします。

書いている人

黒瀬農舎 黒瀬友基

黒瀬農舎 黒瀬友基

秋田県大潟村でお米を作って販売をしています。
オンラインショップで玄米や玄米の加工品も販売しています。
黒瀬農舎オンラインショップ